とにかく足を運べ、悩め、一生の住居選び。

私は住居選びの際、住宅の場所に悩みました。

神奈川にある実家の事情のため、住めるのは実家の近く限定でした。しかし私の勤務先は都内。勤務先までの通勤時間、電車の混み具合を考えると、何年も耐えられるのか不安になり、ここの地域にしようと決めるまで沢山悩みました。また通勤だけではなく、一生を暮らす場所のため、周りの環境(人間関係や治安やスーパーなどの暮らしのツール)が整っているか判断するのに悩みました。

とにかく実際に足を運びました。

実際の通勤ルートで往復することで、自分の許容範囲の時間なのか混み具合なのか判断できます。何箇所か候補がありましたが、やはり実際に足を運んだことによって候補から外れた場所もありました。

周りの環境も然り、昼も夜も何度も行きました。家周辺だけではなく、使用するであろう駅に行ってみたり。少し足を伸ばしたらどんなところなのか見に行ったり。そうすることでその街の良さ悪さが自然と見えてきます。

とにかく妥協をしないことです。

家を買って2年ほど経ちます。購入するときにあれだけ悩んで納得して買ったはずなのに、やっぱりこうしたら良かったかと今でも思うことがいくつかあったりします。安い買い物ではないですし、2度とない経験かもしれません。だからこそ時間がかかっても、妥協はしないで迷いがなくなるまで、とことん悩んで欲しいです。