子供部屋は小さい時からあります

息子にはまだ三歳の時に、子供部屋を与えました。まだ早いのではと思っていましたが夫は早くから自立させたほうがいいと言いました。最初はわかりませんでした。でも一人で子供部屋にいる時は、とても静かにしています。一人で遊んでいるのです。そして寝る時も、一人で子供部屋でベッドで寝るようになったのです。
これはしつけでもあって、子供のためでもあると言われています。でも本当は一緒に寝たかったです。まだまだ離れたくなかったのです。一年もしたら、すすんで一人で寝るようになりました。「お休み」と言って子供部屋へ入っていくのです。
以前のようにわがままを言う事もありません。以前のようにダラダラ過ごす事もなくなってきました。自分の好きな事をして、寝て食べてと毎日の生活を楽しんでいるようになってきたのです。まだこんなにも小さいのに、とても大人のようにしっかりしているのです。
子供部屋の必要性がよくわかりました。本当に必要なものだとわかったのです。