子供の好奇心を伸ばすには本だけではなく経験も大事

子供は自分の興味を持ったことにはすごく熱中します。また、日常生活で不思議に感じたことを大人に質問するのも好きですね。こういった子供の好奇心はぜひ大切に伸ばしてあげたいものです。

 

子供の興味を満たすために、本を与えるのも良いことです。しかし、本では知識は得られますが、忘れてしまうのも早いかもしれません。そこで、本で知識を得ることと同時に、実際に経験をさせると印象に残って知識が定着しやすいと思います。

 
我が家の子供は小さいころ電車が好きでしたから、電車の絵本や、電車の写真が載った本をよく見ていました。しかしどちらかというと本を読むよりは行動するのが好きな子だったので、実際によく電車に乗せていました。

 

すると、いつも通過する駅の名前をアナウンスを聞いて覚えて、さらに駅名の看板の字も自然と読めるようになっていったのです。これは本を読むだけだと得られなかったことだと思いました。字を覚えたら家にある本も自分で読めるようになり、電車以外の知識も増えていったのです。

 
好奇心を伸ばすだけでは学校の成績には直結しないかもしれません。しかし、勉強をするために必要なのは「知りたい」という意欲です。子供が興味を持ったものを実際に体験させることで、学習への意欲につながっていくといいなと思います。