子供を叱るときには大声は厳禁です。

子供を叱るときに、どうしても感情が高ぶってしまい声を荒げてしまう親御さんが多いと思います。しかし子供は声を荒げられてしまうとそれだけで精神的に萎縮してしまい、自分が一体なぜ叱られているかという本題を理解できないままになってしまうことが多々あります。ですから、子供が悪いことをしたときには、とにかく親の方は冷静になり一呼吸置いてから、静かで低い声で何故、子供の起こした行動が悪かったのかの問題点を指摘するようにします。

その際には必ず子供の目をしっかり見ながら話をすることが大切です。大声でガミガミと叱る方法というのはまさに子供にとっては百害あって一利なしなのです。子供が間違った行いをしたその瞬間をとらえて、しっかりと躾をしていかないと後々ティーンに成長したときに、もっと大変なことになってしまう可能性もあるのです。大きな声で叱らないと子供がふざけて話を聞かないという親御さんの意見もあると思いますが、親が真剣に何が悪いかということを静かに言い聞かせることを繰り返していれば必ず子供は理解するものです。