マンションのリフォームで気を付けること

マンションのリフォームは、一戸建て住宅と違い注意が必要です。自分でやっていい箇所と、そうではない箇所があります。

区分所有法という法律が定められいるので、守る必要があります。管理規約も、1度目を通しておく必要があります。

リフォームが可能なのは、専有部分だけで、共有部分はできないことになっています。管理規約には、リフォームをする前に届ける必要があって、素材などもチェックされることがあります。

コンクリートが構造の場合、穴をあけたりすることもngになっています。玄関ドアやサッシの変更も、原則が変更ができないようになっています。

カーペットやフローリングの床で注意するのは、音です。管理規定で、決められた素材で音が大きい場合は難しい場合があります。

休日や夜の工事は避けたほうが、近所の方とのトラブルも少ないです。キッチンの間取りを変える場合、排水管と換気扇の距離を適正に開ける必要があります。床下の空間も、確認する必要があります。